琉球討伐 ツアー(その六)

8時過ぎに起床・・少々二日酔いで足元がヤバイ!
今日も快晴です!
二日酔いにはお日様が眩しい・・



島民の作業を手伝う約束をしたけど・・
どうやら寝過ごしたようだ。

おやかたさんは7時30分に出発。
すぐに連絡したけど、畑はわかりにくいので・・
休んでいて欲しいと告げられる。



なので今日は何もしない日とします。
海と空を一日中眺めていようと思う。
今日も島宿に宿泊します。



古宇利島の語源は・・
恋島⇒くい島⇒古宇利島というらしい。
古宇利島には、アダムとイブの物語にそっくりな神話があります。
(二人の子孫が増え琉球人の祖と云う神話)

別名クイ島(恋島または越島)とも呼ばれているようです。
ここも・・おとっつあん一人で来る場所ではないのかも?。
(祈りの地でもあるようです)



3月なのに日差しが眩しいネ・・
色々な花がすでに咲いていた。



古宇利島の周囲は7.9kmとか・・
歩いて回ってみようと思う。
うみんちゅの家などを発見・・



運がよければ、北の方では鯨が見られるようです。
また、ハブも多いらしいけど、一度もあっていない。
オーシャンタワーがあるけど、中国の人が多そうなのでパス。

2時間半くらいかけて島を一回りです。
古宇利島大橋のたもとずっと海&空を眺める。
最高の贅沢ですョ。



夕食の買い出しに対岸のA-COOPへ・・
島の周りを一周してから向かいます。
歩くと二時間以上かかるのにアッと言う間に走り抜けます。
今日も麦酒、つまみの買い出しになります。



おやかたと古里(泡盛)で勝負します。
今日はサザエを食べさせてもらました。
ごちそうさまでした・・
何もしない日は最高です!!
走行距離 4里
島宿⇒島一周⇒A-COOP⇒島宿
ガソリン 0ℓ


  ほーむ
home
1
inserted by FC2 system