蝦夷討伐 ツアー(其の六)

天候は、曇り⇒晴れ 寒い・・
朝4時過ぎに起床する。皆起きるのが早い。


red_chopperさんからメールが届く。
寒いので内陸に行こうという内容。
(当初の集合場所は野付半島のセイコーマートでした)
野付半島は是行ってみたいので、譲れないポイントです。
結局10時30分に開陽台に決まる。



雑魚寝処を7時過ぎに出発する。(自分は一番最後の出発者)
R335(国後国道)を南下する。ほとんど車がいない状態。
標津町からR244(野付国道)に入りR975で開陽台へ・・



周りに家もまったくなく、車もバイクもいない・・
一人でずっと走っている。
ここで故障したらどうなるのかと少しビビル??



開陽台には9時30分位に到着。
日本で唯一地平線が見えるのが開陽台です。
カメラを向けるが広さを上手く表現できない!(難しいゾ)
ここは佐々木譲の小説”振り返れば地平線”の舞台です。



10時半に同行者と落ち合います。
本日のコースの確認を行います。
野付、釧路、阿寒湖泊まりに決定。



来た道をR244を戻り野付半島へ!
昔・・きた時は未舗装でした。
今は舗装され両側が海で美しい。



16km先の国後島が見える・・返せ北方領土ですね〜
昼は野付半島のネイチャーセンターで、オヤツを食べる。
日本一周のカブが駐車場に停まっていた。
人生が変わるような旅なんでしょうね・・



霧多布を抜け釧路へひたすら走る。
霧多布や厚岸の風景もとても綺麗だ。
毎日、風景を見て感動している。
海岸部は17℃と革ジャンを着ていても寒い。



釧路からR240(まりも街道)を走る。
途中釧路湿原の展望台があるようだけど通過・・
摩周湖のアイヌコタンに到着です。



アイヌコタンのエポエポで買い物です。
この主人もバイク乗りです。(同じ匂いがします)
横浜のケンタウロスも来店しているようです。
鹿の角を、お土産に購入した。
バイク乗りと学生には割引をするらしい。



温泉民宿と言い、みやげ物屋さんお二階の部屋です。
こぎれいでいい部屋です。
お風呂はかけ流しの温泉になっています。



夕食はみやげ物の近くの郷土料理の店(奈辺久)で天ざるを頂きます。
幌加内産のそば粉で美味しかった。
コンビニで麦酒とつまみを買い込んで宿で呑みます。
明日もいい天気であれ!!


走行ルートは・・
羅臼市海岸町(熊のはいった家 雑魚寝処)⇒R335号⇒R244⇒
R975号⇒開陽台⇒R975⇒R335号⇒R244⇒野付半島⇒
R244号 ⇒R44⇒霧多布⇒釧路⇒R38⇒R240(まりも街道)⇒阿寒湖(温泉民宿

宿泊料   3500円
ガソリン 8.68+4.91+3.94=17.52
走行距離 95.1里(380.4km)


  ほーむ
home
1
inserted by FC2 system