蝦夷討伐 ツアー(其の弐)

天候 本日も晴れ〜!
朝、踏み切りの音で眼が覚める。(富良野線のようです)
だけど・・久しぶりによく眠れたョ。



6時過ぎに外に出たらマスターが待っていた。
「珈琲が入っているから飲みに来な」 と誘われる。
マスターは何台もバイクを所有しています。
その中でピカイチがインディアンです。



インディアンだけの部屋があり、そこで珈琲を頂きます。
(旭川のアイヌの方から譲ってもらったようです)



色々と話を聞きました・・
マスターは24歳の夏に北海道に来た。
4つの季節が美しく、楽しい。人間らしい生き方が必要・・
旅に出ていろいろな人に会って話をする。自分の進む方向がわかるはず・・



9時近くに出発します。自分が先頭を走ります。
美瑛のケンとメリーの木へ行くはずが、ぶっ飛ばしてしまいました。
(マスターとの話の内容をずっと考えていたせいかも・・)

マスターは自分たちを待っていたようです。
ありがとうございます。
タイムトンネルから見える山にはまだ雪が残っています。
いったい、いつ溶けるのかな??



富良野の五郎の石の家に向かいます。
富良野の町はいたるところラベンダーの花だらけです。
そして”北の国から”の世界がそこにあります。



純や蛍がそこに居るような感じがします。
(居ても・・どうする事もできないけど・・)
なんだか勘違いしそうな不思議な場所です。



TVシリーズ最初のころの粗末な小屋(燻製機付き)もある。
北の国からは昭和56年からTVでやっている
その頃の自分の事を考えてしまう・・



道の駅、田園の里うりゅう(雨竜町 )で休憩です。
雨竜米揚を食します・・
普通の薩摩揚げのような気がする??



北竜町の向日葵畑に行ったけど、・・
向日葵は0.01%位しか咲いていない。
少し時期が早かったようです。残念です・・



今日は革ジャンだと暑いくらいです・・
走っていると本当に気持ちがイイ!
笑いが止まらないくらい、最高です!



増毛の風待食堂です。映画”駅STATION)”の中で出ています。
現在は観光案内所で店中は映画のロケのパネルが沢山ありますョ。

風待食堂で増毛の入場券を10枚購入しました。
髪のない人へのお守りになります!



留萌を抜けて増毛で宿を取ります。
本日の宿は、ぼちぼちいこか増毛舘です。
昭和7年築の元老舗駅前旅館を民宿として営業。
(3時半過ぎに到着します)
岡山からのハーレー乗りは毎年来ているようです。



チェックインして街を散策します。
向かったのは造り酒屋の国稀です。
いくつかのお酒を試飲させてもらいます。



その後”いなかのトマト”で生麦酒を頂きます。
どんべいという名前のわんこがかわいい!
お利口さんのワンコですが、写真を撮られるのが嫌い。
この店の主人のキャラも強烈でした・・



夕食は、すしやのくにまつで”生チラシの(大)”を食します。
その他に甘エビのてんぷら、ボタンえび・・そして生麦酒です。
たはたはたはっ とうなるほどうまい!!



早い時間の夕食だったので、増毛の海岸で夕陽を撮影する。
(バイクを押していきます⇒酔っ払い)

走行ルートは・・・
タイムトンネル(旭川市西神楽)⇒R237号⇒富良野⇒ろくごう⇒富良野⇒
R38⇒芦別⇒滝川⇒R275⇒R253⇒沼田⇒留萌⇒R231⇒増毛 (増毛館)


宿泊料  3000円
ガソリン 4.12+5.9=10.02
走行距離 55、8里 (約223km)


  ほーむ
home
1
inserted by FC2 system