蝦夷討伐 ツアー(其の五)

天候は・・曇り⇒晴れ⇒濃霧(知床)⇒曇り・ ・
同行者のred_chopperさんとは別行動です。



オホーツクパレスを8時前に出発します。・
昨晩、ホテルの前でバイクを見ていた」ドイツ人に・・
コーフンしながら話かけられた事を思い出す。
(さっぱり意味がワカランかったけど・・)



R238をひたすら南下します。
サロマ湖抜けて網走の街に入ります。
(昔サロマ湖の夕陽に感動、網走駅で宿泊した事を思い出す)



博物館 網走監獄に到着します。
見所が多いけど見学時間が1時間以上かかるようなので、パスします。
今後来たときユックリ見学したいネ!



網走刑務所に向かう。
今でも受刑者がいる(軽い罪の人らしい)
昔来た時も刑務所で記念撮影をした事を思い出す・・



3記念撮影終了後、知床へ向かう・・
原生花園(浜小清水)とうふつ湖では国道の傍に・・
野生の馬?の群れが来ている。
川からの水蒸気が幻想的な景色だ。(自然が豊かだ)



3R244号の知床斜里とR334号に入る//
一直線の道が天まで届くようだ!
まさしく北海道は大きく、広いと痛感する。

昼ごはんを山崎菜園で、焼きとうもろこしを食べる。
茹でているとうもろこしを火で焼いている。
あまり美味しくないな〜



オシンコシンの滝も水量が豊富で圧巻だ!
水しぶきが迫力モノです。

知床横断道路にアタックします。
ここは前に来た時は、なかった道路です。
知床半島は世界自然遺産になっています。
頂上からの景色を期待しています。



頂上目前までは晴天です。
山の上に早い流れの雲が動いている。
頂上に到着すると、一面真っ白な世界で何も見えない(ガッカリ!)
札幌ナンバーのオネイサンとお話しする(羅臼方面の情報をゲット)

羅臼方面に下ると雨の混じった霧状態、しかも所々雪が残っている。
この雪はいったいいつ解けるのか?永久凍土?



そんなにきつい下り坂ではなかった。
無事に羅臼の町に入る。
羅臼には、北の国からの純の番屋がある。
純の番屋は中が食堂になっていて少々ガッカリする。(しかたないか・・)



宿泊先は羅臼から知床先端に向かった処にあるライダーハウスです。
熊の入った家(雑魚寝処)です。
実際に熊が入った家が隣にあります(昔住んでいた家とか・・)
道路の先が海で、国後島がうっすら見えている。

御主人の話では熊はそこらうろついているとか・・
(ライダーは結構目撃しているとか・・)
4時前に宿に入ったのでバイクを磨く事にする。



雑魚寝処の宿泊者は8〜9名です。
名古屋から来たCB750の女性がいます。
広島からの71歳のじいさんは徒歩で北海道を回っています。
千葉のからの男性二人組に父親の歳を聞いたら・・
自分の方が年上でした。これでイイのか??俺の人生・・

晩御飯はセイコーマートで購入。
おにぎり、やきそば、さんま、麦酒、ウイスキーを食す。
ウイスキーを飲んだらいつの間にか寝ていた。


走行ルートは・・
紋別幸町(オホーツクパレス)⇒R238号⇒網走⇒R244号⇒原生花園(浜小清水)
⇒知床斜里⇒R334号⇒オシンコシンの滝⇒羅臼⇒R87号 ⇒
羅臼市海岸町(熊のはいった家 雑魚寝処)

宿泊料  1000円+500(風呂)
ガソリン 5.98+3.34=9.32
走行距離 59.7里(238.8km)


  ほーむ
home
1
inserted by FC2 system